小さい会社が生き残る方法|ブログ|越生こだわりとうふ藤屋

Now Loading…

越生こだわりとうふ藤屋の嫁めぐみのブログです
越生こだわりとうふ藤屋の嫁めぐみのブログです

小さい会社が生き残る方法

2020年1月25日

久しぶりの連続投稿!ええ、お店が暇なので…(^^;)

今日は、ちょっと真面目な話。

何も自慢できませんが、うちの会社は常に崖っぷち。お店では、一般的に見ると「高級豆腐」を販売しているので、儲かってるんだろうな…と思っている方もいらっしゃるかと思いますが。私が嫁にきてから15年が経とうとしていますが、「うわ~、うちって儲かってるな!」と思った事は1度もありません。毎月、会社の資金繰りに四苦八苦。カツカツです…残念ながら(笑)

でも、ここ1年あることをしたら、余裕はまだありませんが少し「お金」の回り方が変わってきました。

お店や会社が儲かる仕組みは、単純にいえば2つしかありません。

売上(収入)をあげるか、経費(支出)をさげるかです。

うちが実践して効果をあげている(まだ実践途中)のは、後者です。

そんなこといったって、経費削減は取り組んでるし、これ以上どこ削るんだよ…。と思っている方、たぶんまだ削減できる余地あります!うちもそうでしたから。

このご時勢、小さな会社やお店の取引先やお客様は簡単に増えません。減るのは簡単にあっという間に減るのにね。そうなったときに、どのように対処できるかが、儲け(利益)をだせるか、赤字(損益)になってしまうかの分かれ目。

今までうちが損益を増やし続けていた理由、それは売上の減少に対してしなくてはいけない経費の削減をしていなかったから。

例をあげると、取引先が減って製造量が下がっているのに、製造スタッフの退職があったときに何度も求人をしていたこと。配達先が減ったのに、大きなトラックのままで毎日配達をしていたこと。お客様がほとんどこない時間帯に販売スタッフをいれていたこと。原材料のコストが上がり続けているのに2年以上値上げをしていなかったこと。などなど…。

いや、それ改善しないと赤字になるの当然でしょ!って、外からみると思うんだけど、実際これ、できていないところ多いと思いますよ。特に小さい会社は。でも、これやる(できる)とかなり変わります!

でも、今までと同じことをしていては変わりません。どこを1番最初に変えるか…自分達(経営者)のお金に対する意識と働き方です。どうしても入ってくるお金が気になりますが、でていくお金をしっかりと見てみる事。そして、毎日の会社運営(製造、販売、配達、事務など)の中で自分にできることはまだないのかを見直してみること。ここ、とても重要(^^)b

もし、たった今同じような悩みを抱えている方がいたら、即実践してみてください。きっと、何かが変わってきます!

ただし、何でもそうですが、すぐには成果はでないですよ…とにかく、少しずつ、地道に…です。崖っぷちには、もう捨てるものはないですから…やってみるだけです!

ちょっと成果がでてきたので、真面目なお話でした(^^)

もっと詳しく話を聞きたいという方がいましたら…ぜひ、お店にいらしてください(笑)

 

PAGETOP▲ PAGETOP▲